熊本県合志市 | 小児科『まつもとこどもクリニック』 |食物アレルギー/アトピー性皮膚炎/発達障害 etc

熊本県合志市|小児科『まつもとこどもクリニック』|食物アレルギー/アトピー性皮膚炎/発達障害 etc

診療について

発達障害

HOME > 診療について > 発達障害

発達障害について

  • 発達障害の定義

    発達障害者支援法では、発達障害を次の様に定義しています。
    「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」

    頻度は、自閉症は約0.2~0.6%、広汎性発達障害(アスペルガー症候群、高機能自閉症)は1~3%、ADHDは男児に多く男女比は2~3:1で頻度は6~8%とされています。
    LDの頻度調査はありませんが、特別支援教育の対象者の頻度は約6%と報告されていますので、この数字に近いものと思われます。

合併例がありますので発達障害がある子供の割合は10数%になります。

発達障害の特徴は夫々の障害で異なりますが、共通することは、障害に気付かず適切な対応をしないでいると二次障害・三次障害につながることです。

原因は、はっきりとは解明されていませんが、遺伝的要因や環境的要因(周産期のトラブル、ウイルス感染症、環境ホルモンなど)などが関係する脳の機能障害です。
親の躾(しつけ)や、本人の心理的葛藤によって生ずるものではありません。

発達障害は年齢に合った発達ができない状態で、幼児期から目立ってきます。

発達障害は自然経過でよくなるものではありませんし、治癒するものでもありません。
しかし、治癒しなくても十分に社会適応し、自立していければ何ら問題はありません。

発達障害の問題が外に現れる表現型には大きく3つのものがあります。

  • ①遅れ 「遅れ」の代表は知的発達障害

    「遅れ」は同じ年齢の子供の多数(普通は90%)ができることができない、というもの。

  • ②偏り 「偏り」の代表は注意欠陥多動性障害

    「偏り」は通常の子供にも見られる行動ですが、その程度が通常範囲を超えているもの。

  • ③歪み 「歪み」の代表は自閉症

    「歪み」は通常の子供には見られない行動が見られるもの。

こんなとき発達障害(障がい)を考えてください。

  • 例えばこういうことはありませんか?

    発達障害

    ■言葉が出ない、遅れている。
    ■話しかけても無視。聞こえていないの?
    ■言うことを聞かず、気に入らないと所かまわず、大声で泣きわめく。
    ■マイペースで頑固。
    ■勝手にいなくなったり、外に飛び出したりして戻ってこない。
    ■友達と遊ばず、一人で遊んでばかりいる。
    ■人が遊んでいるおもちゃを取り上げたり、自分の物を貸すのを極端に嫌がったりする。
    ■順番を守れずに、割り込んで喧嘩になる。
    ■他人の会話に無理やり入ってトラブルになる。
    ■小さい頃から、抱っこや手をつなぐのを極端に嫌がっていた。

    たいていの場合「親の育て方が悪い」「親のしつけがなっていない」と周りから責められ、辛い思いをされてこられたと思います。
    しつけようとして子供を叱っても、また同じことを繰り返し、途方にくれてしまいます。

  • ご来院される前にプリントアウトしてご記入ください。

    Adobe AcrobatReader

    下記ファイル(PDF)をご覧いただくには「Adobe AcrobatReader」が必要です。(無償)
    ※「Adobe AcrobatReader」のダウンロードはこちらから。
    ※ Acrobat Readerは、米国アドビシステムズ社の商標です。

子供の行動に関する基礎調査票 PSC-J健康調査票
行動面の質問 ~6歳以上~ 対人関係やこだわり等の質問 ~6歳以上~
学習面の質問 ~6歳以上~

まつもとこどもクリニックだからできること

  • ■ABAトレーニング

    ABA(応用行動分析)とは、スキナー(アメリカの心理学者)をはじめとする行動主義の考えから生まれたものです。

    人間の行動は学習によって獲得されたものであり、不適応な行動は誤った学習の結果として起こるという考え方に基づいて、自閉症など発達障害児に対して以下の目的で用いられます。

    1.望ましい行動を教える(コミュニケーション、食事・排泄などの生活スキル、他)
    2.望ましい行動を維持・般化させる(家庭や学校で適切な行動がとれるようにする)
    3.問題行動(自傷、他害、こだわりなど)を減らす

  • ■D.T.T.(ディスクリート・トライアル・トレーニング)

    ABAの中心的な手法の一つとしてD.T.T.があります。D.T.T.は、セラピストと子どもが1対1で、主に机上で行います。
    人間の行動は、A(先行刺激)、B(行動)、C(結果)という3つの要素から成り立っています。
    子どもがB(行動)をしたときに、C(結果)が子どもにとって良いものであればその行動は強化され増え、嫌なものであればその行動は減少します。D.T.T.では、AとCの部分を変化させることによって、不適応行動を望ましい行動へと変えていきます。

    ABAの効果は科学的に証明されています。カリフォルニア大学のロヴァース博士が行った実験では、ABAを用いた自閉症児への早期集中介入の効果が高いことがわかっています。

受付時間 水曜日午後・日曜日/祝日は休診です。

まつもとこどもクリニック

診療について

発達障害療育の糸口